2018年02月28日

青春18きっぷ

一年近く前の話ですが、消費できていかなかった振替休暇を使い、青春18きっぷで旅行をしました。
青春18きっぷ・・この年になると、気恥ずかしくも後ろめたくもなるネーミング。
ですが18キップは世代は問わず、期間限定でJRの普通と快速列車を乗り降り自由で利用できる5日分(5人一日利用でも可)がワンセットの切符です。休暇は2日、土日を含めて4日間。
行き先は美味しいそばが食べたかったので、信州にし、その先は気分と天候次第の一人旅です。
昨今はスマホで宿は気軽に予約できるし、情報収集には困りません。
もしかしたら一日で嫌になり、すぐ帰ってくるかもと思いつつも、結局、信州で2泊し、北信越を経由して(3泊目は富山)、最後に山代温泉に浸かり、帰ってきました。一人旅といえば、さみしさや不安がつきものですが、信州の山々や路面電車が走る街の風景、日本3大とも言われる姨捨の車窓に旅情が高まり、どこかで聞いたことのある地名や名前を目にしては歴史に思いをはせてみたりする・・・
スマホがあると気になったことはすぐ調べられて、退屈することもありません。その土地の美味しいものを食べて、自然と手をあわせるようになったら、旅を十分に満喫しているなぁと感じます。 (端からみるとちょっと不思議・・・?)思い出すとまた旅行にいきたくなりますね。ちなみに長野〜金沢間の在来線は新幹線開通に伴い第3セクターに移管され、18キップは使用できませんでした。  

 検査K

カニタニ2.jpgカニタニ1.jpg
posted by とくしま未来健康づくり機構 at 17:34| 日記