2017年12月21日

子宮頸がん検診のお話

 “子宮頸がん検診を受診しましょう”と、遡ること半年前、今年もGW中にアスティ徳島で開催された子育て支援イベントで啓発運動を行ってきました。

 子宮頸がんの原因は、性交渉で感染するヒトパピローマウイルス(HPV)です。

HPVは皮膚や粘膜にいるウイルスで、性交渉経験のある女性の約8割が一生に一度は感染を経験するといわれています。性交渉で感染と聞くと後ろめたく感じるかもしれませんが、HPVの感染自体は、ごく自然なことなのです。

HPVに感染しても多くは一過性で、自然に消滅します。150以上のHPVタイプがありますが、高リスク型は約15種で、このうち、16型、18型が代表的な型です。高リスク型HPVの感染が長期持続した時、子宮頸がんになる可能性がでてきます。コンドームで感染のリスクを下げることは出来ますが、カバーしきれない部分にもHPVは存在するため、確実な手段とはいえません。

日本でも、HPVワクチンの接種が出来ますが、高リスク型HPVのうち、子宮頸がんの約70%に関わるといわれる2種(16型と18型)のHPVに対してなので、100%の感染予防にはなりません。ですから、定期的な細胞診検査とHPV検査(感染の有無を見つける検査)の併用で子宮頸がん検診を行うことが大切なのです。

みなさん、日本は子宮頸がん検診の受診率が低いですが、先進国では子宮頸がん検診受診は『女性の習慣』になってきています。自分の身体は自分で守る意識を持って積極的に受診しましょう。

                        検査技師 F

子宮がん福田.gif
posted by とくしま未来健康づくり機構 at 09:36| 日記