2017年09月06日

上野動物園赤ちゃんパンダ

東京の上野動物園で5年ぶりにパンダが誕生し無事すくすくと育っています。5年前は可哀想に亡くなってしまいひどく悲しい思いをしました。なので今回は本当に嬉しいです。しかし6月に誕生した直後はあまりにも未熟で、パンダってどうしてもっと赤ちゃんを大きく産まないのかなって不思議に思いました。でも実のところこんなに小さな赤ちゃんを産む理由は解かってないそうです。うちの娘はテレビでその姿を見て幼虫みたいと叫んでいました。まあ確かにシンシンママの目よりも小さくて毛も生えておらず、オブラートに包まれているようなその姿はそうも思えるんですけどね。でもシンシンママも頑張りましたね。食事もあまり食べず、育児に集中していました。その姿は見てて感心しました。

 最近の体重は3700グラムを超え、体長も47センチを超えて、後ろ足で踏ん張ったり、方向転換するなどの動きも出来るようです。白黒模様もはっきりして、目もパッチリしてきてその可愛い姿に癒されます。うちの娘もさすがに今はぬいぐるみみたいで無茶苦茶可愛い、と言ってますが。

 動物園では赤ちゃんの名前をネットや、園内に設置した応募箱などで募集しました。

32万件を超える応募があったようで、トントンの時を上回り過去最多のようです。名前は生後100日を超える9月下旬に発表されるようで本当に楽しみです。     検査 I

ぱんだ.png



posted by とくしま未来健康づくり機構 at 08:54| 日記