2017年07月28日

夏休み

梅雨明け前から猛暑でしたが、この暑さは子供たちが楽しみにしている夏休みも続きそうです。

我々が子供の頃は、夏休みといえばもちろん宿題?もありましたが、昆虫採集やプールが楽しみでした。学校や公園で網を使って蝉を捕り、虫かごに入れていましたが蝉の鳴き声には暑さが増す効果があったように思われます。

学校のプールに行くためには、各家庭でかまぼこ板などを使用して「いのち札」を作り、プールサイドには様々なサイズの「いのち札」が並んでいました。

真夏の空には入道雲がモクモクと発生して、夕立がザーッと降りその後には虹が架かり爽やかな風が通りすぎていった記憶があります。

近年の夏は猛暑?酷暑?といわれて、熱中症に注意しなくてはならないので外で遊ぶ子供たちの姿を見ることが少なくなってきました。

この暑さはいつまで続くのか悩ましいものですね。      検査担当 E

6926902643_269564aedd_b.jpgIMG_2493.JPG
posted by とくしま未来健康づくり機構 at 11:58| 日記