2016年10月17日

鮎喰川 素晴らしい!

 9月秋雨前線の合間、鮎喰川中流に行ってきました。

久しぶりの場所で川の流れが大変かわっており、新鮮でした。

さっそく、水草の下に網をいれると、やまと沼エビやナマズの子供が捕獲

できました。まじかでナマズの子供を観察するのは初めてで、ひげがとても長く上顎に2本、下顎に2本、計4本ありました。木ノ桐1.jpg

本で調べると孵化して3年で成魚になり、寿命60年以上ある個体もあるとのことでした。

上容器の中の水草は「こかなだも」で、その水草の掃除(食事)をしてるのは沼エビです。

画像中心にじんぞく(かわよしのぼり)がいます。

 鮎喰川はとても自然豊かでいろんな生物に遭遇します。

 木ノ桐2.jpg                       

2016.10  診療放射線技師K3

posted by とくしま未来健康づくり機構 at 10:07| 日記