2016年10月21日

インコ

先日、インコを保護しました。

淡いブルーで頭が黄色い、かわいい子です。

当機構の駐車場で職員の肩にダイレクトに留まる、というとても人に慣れたインコで逃げる様子もありません。

駐車場の周りは猫やカラスも多いので、私は賃貸暮らしではありましたが、

鳥ならどうにかなるだろうと深く考えず連れて帰ることにしました。

まず、ペットショップで籠と餌を購入。インコ2.jpg

それから、もしかしたら飼い主さんが探しているかもと思い直し、最寄の交番に確認に行きましたが、

そのような話もなくインコは自宅へ連れて帰りました。

さて、いざ対峙したものの、どうしたものか・・・

パソコンに向かい、「インコの飼い方」で検索。

一日30分以上は放鳥(籠からだして遊ばせる)してあげること、10時間以上は寝かしてあげること・・

気づけば夜は9時になっていたので、カーテンを被せ暗くしてあげるとインコは静かに眠ってくれているようでした。

インコ2.jpgインコ2.jpgインコ2.jpgインコ2.jpg翌日

インコを遊ばせてあげなくてはいけません。

しかし、インコどころか鳥を飼うのは初めてで、しかも愛らしい姿に忘れていましたが実は鳥はあまり得意ではありません。

恐る恐る、手を伸ばして、籠からだしたもののインコは肩に留まったままでちょこちょこするだけで、遊ぶと言ってもなにするの??

安易ですが、ピーコ、ピーちゃんと呼びかけてはみるものの反応は薄く、こちらがインコのように首を傾けている状態です。インコ1.jpg

インコの好きな食べ物を調べたり、文鳥を飼っている同僚に「とにかく話しかけてあげる」ことなどアドバイスをもらいながら、ようやく(私が)生活に慣れつつあった4日目、

保護した翌日に掲載していた動物愛護管理センターのHPを見た飼い主さんから連絡が入り、インコは無事おうちに帰っていきました。

インコの名前は「アリス」でした。

空になった鳥かごを見ると、なんだか寂しい気にもなりますが、

今頃アリスは飼い主さんと仲間の鳥たちと楽しく過ごしていることでしょう。                 検査技師 Kインコ2.jpg
posted by とくしま未来健康づくり機構 at 16:56| 日記

2016年10月17日

鮎喰川 素晴らしい!

 9月秋雨前線の合間、鮎喰川中流に行ってきました。

久しぶりの場所で川の流れが大変かわっており、新鮮でした。

さっそく、水草の下に網をいれると、やまと沼エビやナマズの子供が捕獲

できました。まじかでナマズの子供を観察するのは初めてで、ひげがとても長く上顎に2本、下顎に2本、計4本ありました。木ノ桐1.jpg

本で調べると孵化して3年で成魚になり、寿命60年以上ある個体もあるとのことでした。

上容器の中の水草は「こかなだも」で、その水草の掃除(食事)をしてるのは沼エビです。

画像中心にじんぞく(かわよしのぼり)がいます。

 鮎喰川はとても自然豊かでいろんな生物に遭遇します。

 木ノ桐2.jpg                       

2016.10  診療放射線技師K3

posted by とくしま未来健康づくり機構 at 10:07| 日記

2016年10月11日

姪の結婚式

 9月初旬、姪の結婚式が東京のお台場で行われました。

ウェディングドレスに身を包んだ姪を見て、まだ幼かった頃を思い浮かべ自然と胸が熱くなってきました。

ホリエ3.jpg 最近の結婚式は私たちの頃と違い、手作り結婚式という感じなのですね。

テーブル席一人一人に新郎新婦が写真入り手書きメッセージを添えてあったり、自分たちで作った生い立ちムービーを紹介したりと、結婚式に至るまでの準備がとても大変だっただろうと感心しました。そのおかげで私たちはとても幸せな時間を過ごさせてもらいました。

 日頃、足が弱り杖を使っている義母は、孫の結婚式が東京で行われるというのを聞いて、出席するかどうか迷っていました。徳島と違い東京では歩く機会が結構多く、自分がそれに耐えられるかどうか不安だったのです。しかし、義兄や義父に説得されて出席することにしました。ホリエ1.jpg

 当日、飛行機に搭乗するまで心配していた義母でしたが、帰りの飛行機ではすばらしい結婚式に出席できたことにとても満足していました。

 私も高齢者になったときに、元気で健康な日常生活を送っていたいものです。そのためには毎日の食生活に気をつけ、体力づくりに努力しなければいけないと思いました。

 簡単なようで、なかなか難しいですが・・・

                総務課 S.H


posted by とくしま未来健康づくり機構 at 18:10| 日記