2016年09月26日

季節に思うこと


厳しい残暑、秋雨前線による長雨、台風襲来による大雨と異常気象続きの初秋でしたが、

中秋の名月が天空に輝き、野辺には赤い曼珠沙華が季節を忘れることなく咲く自然の営みに感激・・小さな秋・赤トンボ・里の秋などの秋の童謡を口ずさむ季節が巡ってきました。

薄紅のコスモスが揺れる小径に続く山里の大きな栗の木の下で、毬から今にも飛び出しそうに輝く栗を見つけた子供たちの元気な歓声がこだましています・・・

今年も我家に秋の味覚「栗さん」がやってきました。焼き栗・茹で栗・栗ご飯・甘露煮と頭の中を栗料理が台風の如く渦巻いています。 


  しずかな しずかな里の秋 おせどに木の実の落ちる夜は

  ああ母さんと ただ二人  栗の実 にてますいろり端

くり.jpg 


  看護担当 S.Y




posted by とくしま未来健康づくり機構 at 16:04| 日記